外来診療 乳児・小児診療 婦人科診療 旅行者の皆様


旅 行 者 の 皆 様

海外でも日本の医療が受けれます。
 海外での病気怪我の場合、一番心配な事は言葉の問題。当院では受付から診察・処置、会計まで一切英語もベトナム語も使うことなく、ご利用頂けます。

  外資系医療機関とは、さまざまな面で日本の医療との違いが生じることがあります。当院は日系診療所として医療行為にあたっておりますので、日本人医師・日本人看護師が常駐し、病気や怪我の際の感覚をそのままお伝え頂く事が可能です。

ベトナム観光における病気・ケガの注意点
 当地で旅行者の皆様が起しやすい病気・ケガは以下の通りです。

病 気
腹痛・下痢・食あたり
注 意
水道水はうがい・手洗いとし、ミネラルウォーターを飲料水とする。
屋台などの食べ物を食べる際は回転率の良い店を選ぶ。
魚介などの食べ物はなるべく火の通ったものを選ぶ。

ケ ガ
転倒による擦り傷、切り傷、打撲、捻挫、骨折
注 意

バイクをはじめとし交通量が多いので、歩道を歩くようにする。
道路・歩道の段差や雨などで、足元が悪い状況を把握する。


感染症
狂犬病:犬にかまれた場合 破傷風:擦り傷・切り傷
注 意

狂犬病:犬またはコウモリにかまれないよう、近寄らない。
狂犬病:かまれた場合には24時間以内に、1回目のワクチンを接種する。

破傷風:重傷箇所が汚い水や泥などに付着しないようにする。
破傷風:傷口を清潔に保ち、状況に応じワクチンを接種する。